鉱物スイーツに食べられるウニ骨格!? 京都 ウサギノネドコ

スポンサーリンク

こんにちわ、まいこです。

今回は鉱物ファン&標本ファンにオススメしたいお店を紹介したいと思います。今回は博物学の権威、南方熊楠さんへのお手紙形式でお送りいたしますw

 

敬愛する南方熊楠先生。

21世紀の現代に、先生が知ったらウサギのように、飛び跳ねてしまうかもしれない、そんなお店を今日はぜひともご紹介させてください。 

それは二条城の近く 

先生、そのお店は二条城の近くにあります。

二条城と言えば2017年に大政奉還から150年を迎えた激熱スポットで、春には「普賢象」や「鬱金」「関山」といった珍しいサトザクラが見られます。ぜひ、観光と共に訪れてください。

店の名はウサギノネドコ 

f:id:maikoto:20180813014826j:plain

 「自然の造形物を扱うお店」という店内は、さながら先生の研究室のようです。

 一歩、店に入れば、知的好奇心を擽られることでしょう。世界中から集められた植物、鉱物、動物などの標本や様々なグッズも販売されています。(私がお邪魔した時は店内撮影OKでした)

f:id:maikoto:20180813014837j:plain

 先生のお好きな菌類のブローチなどいかがでしょう。ツチグリとテングダケが売れてしまっていますね。タマゴタケなどお似合いになりそうです。

f:id:maikoto:20180813014848j:plain

 軟体動物を身につけるなんてのも洒落ています。ヒョウモンダコに目を奪われてしまいますが、アオリイカのシュッとしたフォルムも捨てがたい。

f:id:maikoto:20180813014900j:plain

 私はこの長崎の波佐見のPebble Ceramic Design Studioシェルベースが、大層気に入りました。白にすることによって造形の美しさが際立ちますね。近未来的ですらあります。また行ったら購入したいです。

f:id:maikoto:20180813014911j:plain

 私が購入したのはサンゴのシェルベース。風で茎が折れたパンジーを生けてみました。

ヒグチユウコさんのホルベイン缶と一緒に飾っています。

ウニ展に行きたい

先生、実は2018年6月1日(金)から9月26日(水)までウニ展という企画展が開催中です。 

f:id:maikoto:20180813014921j:plain

こちらは普段から販売しているウニの標本。この箱に並べられた様子もたまりません。

併設のカフェでウニや鉱物を食べよう

こちらを訪れたらぜひ味わっていただきたいのが、併設のカフェでいただける奇妙奇天烈なメニューです。

隕石カレーや、アメシストのパンナコッタ、鉱物スイーツアソートなどまさか食べれる日がくるとは思われなかったようなお料理がいただけます。(本物ではありません)

特に先日行われたウニ展開催中に提供されていたオウサマウニのフロワムースなどこちらのシェフの術には驚かされます。

 先生!!こちらなど本物かと見まごう形状ながらジャスミン味なんだそうです。 

前回訪れた際、時間がなくてカフェテリアを利用しなかったのが悔やまれてなりません。お忙しい先生はぜひ予約を。

お宿もあります 

京町屋を改装したお店の2階はお宿になっていて、泊まることもできます。ヤドを利用するとカフェがお得に利用できるそうです。朝食は散歩がてら、二条城清流園・香雲亭で朝御膳を召し上がるのはいかがでしょう。

「世界遺産 二条城の夏」の実施について

http://www2.city.kyoto.lg.jp/bunshi/nijojo/H30natu1.pdf

先生、いかがでしたでしょうか。このお店は生命の神秘と現代的センス、京都らしさの萃点とも言えるのではないかと私は思います。

ウサギノネドコのショップデータ

オンラインショップもありますよ

ウサギノネドコ

住所


京都市中京区西ノ京南原町37


電話


ヤド&ミセ:075-366-8933
カフェ:075-366-6668


営業時間


ミセ11:00 〜 18:30
カフェ11:30 〜 20:00(ラストオーダー19:00)

 

 定休日


ミセ・カフェ木曜日