2018年・夏の京都に行くなら、ココ気をつけましょう♬

スポンサーリンク

こんにちわ、まいこです。今日から8月ですねー🐳

私は一足お先に、京都で夏休みを満喫してきました!!更新していない間も見に来てくださった方ありがとうございます。夏の京都に遊びに行く方に有益な(だといいな)情報や旅行中に行ったイベントの報告をどんどんしていきたいと思いますので、どうぞ今後ともお付き合いください。

f:id:maikoto:20180801133823j:plain

というわけで、今回は雑記になりますが、近々の夏の京都の状況や、今回行って、私なりに気をつけたほうがいいなと思ったこと、便利だったものなどを紹介していきますねー。

 2018年今年の夏は人が少ない!?

もう何年も、毎年京都にきていますが、年間通してみても今回かなり人出が少なかったです。ここ2〜3年は特にアジアの訪日客が爆発的に増えて京都駅の清水行きのバス停なんて1台じゃ乗り切れないくらいの行列でしたが、今年の夏は滞在中、そんな行列は1度も見かけませんでした。

後祭期間中でも人は少なく、四条通りもすいすい歩けたし(ここ数年で久しぶりのように感じましたw)、日中の宵山なんてかなり人がまばらでした。まぁこれは暑すぎて外を出歩くのがきついってのが大きいと思いますが。

7月始めの大雨と、酷暑の影響か、とにかく京都にしては人が少なかったです。

暑さは相変わらず別格!!京都の夏を侮ることなかれ

今年は、全国各地猛暑と言われてますよね。私が住んでいる東京も薄手の長袖を着る間もなく、トップスピードで真夏を迎え、連日の猛暑。今年は東京も京都に負けないくらい暑いから、実は余裕なのではと高を括っていたのですが、やはり京都の夏は甘くなかったです。

私の場合、東京では日中長い時間、外にいてもそんなことにはならないのですが、京都では、暑さのあまりジムで運動したみたいに、顔が真っ赤になって汗だくになっちゃいました😡💦熱波のレベルが違うんですかね。

せっかく京都に行ったらいろんなところを巡りたいとは思いますが、観光は1日1〜2箇所に絞って、こまめにお茶したり、ホテルで休憩をとりながら出かけることをお勧めします。私も午前中ゆっくりめに出かけ、お昼もかねて観光を1〜2箇所、ホテルに戻って休憩、夕食に出かけるといったプランで過ごしました。特に、14〜16時くらいの日差しがきつかったです。

日差しを避けるアイテムはマスト

京都とか、もはや関係ないかもですが、日差しを避けるアイテムは絶対あったほうがいいです。帽子や日傘、サングラス。サングラスは本当にあったほうがいいです。あとは帽子よりも日傘。ただし、繁華街など人が多いところでは、目の高さに傘がきたりするので、常識的な利用を!!

f:id:maikoto:20180801152537j:plain

急な雨にも対応できる晴雨兼用がオススメ。私が滞在中も、雷雨の予報が出たりしていました。今回はカメラが大きかったので折りたたみタイプにしましたが、個人的には長いタイプのほうがたたむ手間が省けるので、好みです。ボーダーが特別好きなわけではないですが、どっちも赤でボーダーw手にひっかけられる持ち手はこだわりです。

f:id:maikoto:20180801152753j:plain

旅行中はよくサングラス壊すので、プチプラと決めています。ZARAも好きですが、H&Mはサングラスが充実してるので、オススメです。帽子はストローハットにしましたが、日よけならつばが長いほうがいいです。頭のてっぺんを隠す用にしかなりませんでしたw あと、折りたためるタイプのほうが型崩れの心配もなく旅行にはよさそうです。

落ちないメイクも大事

汗がどんどん出ちゃうから、ウォータープルーフのマスカラや崩れにくいメイクが◎。e.l.f.のMakeUP Lock & Sealはプチプラなのにアイラインや眉毛もキープできてオススメです。

f:id:maikoto:20180806195841j:plain

マイボトルが正解

熱中症対策としても、水分補給は大事ですよね。ペットボトルを買ってもすぐあったまってしまうので、今回は保温効果のある水筒を持っていったんですが、これがなかなか大活躍でした。ホテルで冷たいドリンクを入れて、日中持ち歩いてましたが、こまめに飲めるし、ペットボトルのように結露もでない。コーヒーショップなどでマイボトルにドリンクを入れてもらうと、そのお店のタンブラーでなくても値引きしてくれるサービスが結構あるんですよ。エコだし、本当オススメ。今度詳しく紹介しますが、私の京都デザインのスターバックス・ステンレスボトルは軽いし使いやすいです。

f:id:maikoto:20180801153202j:plain

1日乗車券は地下鉄とセットがオススメ

普段はバスのみの1日乗車券を利用することが多いんですが、今回は地下鉄とバスがセットになった1日乗車券を利用しました。というのも、バス待ちの時間も外にいるのが結構きついからです。 暑さと日差しを避けたくて、なるべく地下鉄を利用しました。階段の上り下りがありますが、待っている間も涼しいので熱中症対策になります。

この地下鉄・バス1日券は、地下鉄(烏丸線・東西線)、市バス、京都バス、京阪バスが利用できて(京都バスと京阪バスは一部路線を除く)、900円。地下鉄の券売機で買うと、新幹線のチケットみたいな紙のチケットですが、案内所で買うとカードタイプになります。ポケットに入れてると紙はしなしなになっちゃうので、夏はカードタイプが助かりますw

f:id:maikoto:20180801153218j:plain

バスツアーやタクシーの貸し切りもGood

とにかく本当に暑いので、移動だけでも疲れちゃいます。特に小さいお子さんや高齢の方がご一緒なら、日帰りバスツアーやタクシーを貸し切っての移動を考えてもいいかもしれません。先祭のブログで紹介したルーフトップバスがある京都定期観光バスなど、いろいろなツアーがあります。この機会にちょっと遠出ってのもいいですね。

京都定期観光バス 

www.maikotokyoto.net

また、京都駅にある 京都総合案内所(京なび)でも日帰りツアーの予約や相談ができます。みなさんとっても親切ですし、いろんなイベント情報やパンフレットなどもあるので、その日の気分で決めたい方は、こういうところを訪れると旅のヒントがもらえるかもしれません。一日乗車券もここで購入できます。

京都総合観光案内所【愛称:京(きょう)ナビ】

屋内施設を利用するのも手

無理に神社仏閣巡りをせず、博物館や美術館などの屋内施設を利用するのも手です。

www.maikotokyoto.net

www.maikotokyoto.net

www.maikotokyoto.net

 梅雨の時期に向けて書いた記事ですが、屋内施設も紹介していますのでよかったら参考にしてみてください。 

www.maikotokyoto.net

 

長くなっちゃいましたが、いかがでしたか?

とにかく、京都の夏は本当に暑いです。体調を崩したらせっかくの旅行も台無し。事前の準備で楽しいご旅行にしてくださいねー。

ではー😄