令和元年!!スタンプショウで5時間かけて平成最後の風景印get!

スポンサーリンク

スポンサーリンク

こんにちわ、まいこです

今日は令和元年の記念すべき日ですね。平成最後の昨日はどんな風に過ごされましたか?

kujonegi_6

ツイッターでは年越し蕎麦を食べた方が多くいたとかで話題になっていましたね。私も友達とわいわいおうちでカウントダウンしてなんだか本当、今日が新年みたいな気分。 

というわけで、今回は令和記念で、皇室にゆかりのあるイベントのお話&新しい旅の提案をしたいと思います。ちゃんと京都の情報もご紹介するので、ぜひ最後まで読んでくださいね♬

風景印って知ってる? 

イベントのお話をする前に、皆さんは風景印ってご存知ですか?

風景印とは簡単に言うと、郵便物に押される消印のこと。通常の消印は処理をした郵便局の名前や日付がハンコに書かれているだけですが、風景印はその郵便局のある場所を象徴するものがデザインされた消印なんです。

例えば、浅草寺で有名な浅草にある浅草郵便局の風景印は雷門の提灯の中に、雷門や浅草寺で行われるほうずき市のほうずき、浅草から見えるスカイツリーが描かれています。 

f:id:maikoto:20190501045720p:plain

浅草郵便局の風景印 - 日本郵便より引用

これらの風景印はどこの郵便局にもあるわけではない特別な消印で、他にもイベント時や期間限定で押される小型印というものもあります。

特別な風景印が押してもらえるスタンプショウ開催中

4/29〜本日5/1までなんですが、通常は手に入れることができない風景印や小型印を押してもらえるスタンプショウ2019が浅草の東京都立産業貿易センター台東館で開催中です。

その他のイベントとしては人気アニメおそ松さんの切手の販売やスタンプラリー、ムーミン切手展、皇室切手展その他切手の販売や、展示、トークショーなどが行われています。

世界切手まつり スタンプショウ2019 | 公益財団法人日本郵趣協会

stamp_1

先ほどもご紹介しましたが、風景印は消印ですから01.5.1の消印をもらえるたった1度の機会!!風景印ファンならずとも記念に欲しくなっちゃいますよね。しかも今回のイベントでは、通常一般人が入ることのできない宮内庁内郵便局の消印を押してもらえるのでより特別感が増しています。しかも今はGW中なので押してもらえるのは本当にここだけ!!

stamp_6

平成最後の風景印もらってきました!!

実は以前から風景印を集めたいなーって思っていた私。今回のイベントを知ってついに風景印集めを始めることにしました!!

それで、平成最後の日である昨日、4/30にイベントに参加してきました。ここからはその様子を簡単にレポートしますね。

東京都立産業貿易センターは浅草寺のすぐ近く

会場は浅草寺から道路挟んで横にあるアクセスしやすい会場です。

stamp_8

 外にイベントのポスターが掲示してありますが、それ以外に大々的には告知してません。

stamp_7

朝9:30頃到着

前日から開催のイベントでSNSの感じだとやはり混みそうだったので、会場前の朝9:30頃施設に到着しました。イベント会場の入り口は4階ですが、すでに2階?の駐車場まで行列が伸びていました。

朝10:00イベントスタート

イベントがスタートすると一気に会場内に誘導されるので、駐車場で待っていた私も割とすぐに会場の中に入ることができました。会場の入り口を入るとそれぞれ自分が押してもらいたい消印の列に並びます。

宮内庁内郵便局は長蛇の列

私の一番の狙いは宮内庁内郵便局の風景印。係りの人に誘導され列に向かいます。そして4階が会場のはずなのに、この列だけ会場の外の階段まで伸びていき、最終的には7.5階くらいまでに。

4/30は10:45で受付終了

並んでいるとしばらくして列の最後まで係りの方がいらして、本日の受付は終了ですとのアナウンス。10:45で終わってしまいました。ですが、本日はイベント終了時間が1時間早いので、もっと早くにこないともらえないと思います。

結局トータルで5時間待った

結局施設に到着してから風景印をもらうまで5時間かかりました。イベント2日目ということで、新聞で初日の様子が紹介されそれを見てきたという方もいらしたので今日はさらに多いんじゃないかと思います。

待っている間はすることがないので、知らない人同士で仲良くなったり、本を読んだりと思い思いに過ごされていました。Wi-Fiがないので、結構パケット消費しちゃったと思います。

また、階段はじっとしてると冷えるので、着脱ぎのできる上着や飲み物があるといいと思います。結構年配の方も多くてかなりお辛かったんじゃないかと思います。今回は改元ということもあって異常な人出だったようです。

stamp_5

ここまで来た時は、マラソン完走したような感動がww

まさかこんなに時間がかかるとは思ってなかったので途中ちょっと挫折しかけましたが、平成最後に行列に長時間並ぶという思い出を作ることができましたw

これが平成最後の風景印だ!!

では、私が5時間もかけて頂いた平成最後の風景印をご覧にいれましょう。こちらです!! 切手が違うだけで、2つとも同じ風景印。直径36mmの円の中に細かくデザインされていて感動です。私の第一号の風景印がんばってよかった!!

stamp_3

stamp_2

ちなみに、1つの風景印に対し、1人20件まで押してもらうことができます。正直減らせばもっと多く人に順番が回ってくるような気がしますが、本気の趣味の方には20枚必要なんでしょうね。

風景印を押してくださる方々も笑顔で何時間も完璧に印を押されて本当にお疲れ様です。ありがとうございました。

他にも時間があったら風景印欲しかったけど、また並ぶ気力もなかったので、今回は1種類ということで。そのかわり、令和の焼印が押された満願堂の芋きんつばをおみやげに買って帰りました。 

kujonegi_1

旅の思い出にもオススメの風景印

いかがですか?皆さんも興味湧いてきちゃいました?

風景印はどこの郵便局にもあるわけではないですが、日本全国様々な場所で受けられるサービスなんです。ぜひ皆さんも旅の思い出に集めてみませんか?

例えば、京都にもたくさんの風景印がありますよ。特にオススメなのが京都駅に隣接している京都中央郵便局の風景印。舞妓さんや五重塔など京都を代表するモチーフが描かれているんです。かわいいでしょう?京都からお友達に出す絵葉書にこんな消印押されてたら絶対喜ばれますよね!!

f:id:maikoto:20190501060919p:plain 

京都中央郵便局(旧京都支店)の風景印 - 日本郵便より引用

風景印のもらい方

興味をもってくださった方に風景印のもらい方をご説明したいと思います。

どこでもらえる?

風景印や小型印はそのサービスを行っている郵便局の窓口や、今回のようなイベント会場。その他に台紙を郵送して押してもらい、返送してもらう方法(郵頼)があります。

お金はかかる?

風景印は消印なので、それ自体にはお金はかかりません。ですが消印という性質上、郵送できる最低の金額以上の切手に押してもらう必要があるんです。

現在郵送できる最低の料金はハガキの62円なので、合計で62円以上分の切手があればOK。

コレクション用なら好きな台紙に押してもらえる

先ほど、絵葉書に押してもらえばというお話をしましたが、私のように自分のコレクションとして風景印が欲しい場合は郵送する必要がなく、また自分の好きな台紙に押してもらうことができます。集めやすい名刺サイズのカードにしてもいいし、逆にその風景印に合わせた絵葉書で集めるのも楽しいですよね。

切手に少しでもかかっていれば、上でも下でも押してもらう場所を指定することもできます。

こんな風に自分で台紙に切手を貼って係りの方に渡します。横に押してください。とお願いしました。

stamp_12

ちなみに消印が押せれば、柄入りでも無地でもどんな台紙でも大丈夫だと思いますが(常識的な範囲で)、台紙に貼ったすべての切手に消印が押される状況を作らないといけないので切手が複数枚になる場合はその分、大きな台紙が必要になります。

私の台紙はルーズリーフタイプ

私は今後は旅行先でももらうことを想定して、台紙だけでも持ち歩ける様にルーズリーフタイプのスケッチブック用紙を使用しています。 バインダー自体はクロッキー帳のデザインの方がかわいいので、こちらを使っていて、同じマルマン製なので、中の紙はクロッキー(薄い紙)でもスケッチ(画用紙)でも使えます。

stamp_10

 マルマン バインダー クロッキーバインダー ファイルノート ミニサイズ FM217

 切手を貼る台紙は、インクがにじまない様にある程度厚みがある方がいいので、スケッチを使っています。

stamp_11

マルマン 画用紙リーフミニ B7変形 9穴 50枚 L1435

 切手も合わせるのが楽しい

台紙以外にも楽しめるポイントとして、切手選びがあります。

例えば、今回の私の頂いた宮内庁の風景印には、先日発売になった天皇陛下御即位三十年記念の記念切手を使いました。このように、風景印のモチーフにあう切手を探して押してもらうのもこの風景印の楽しみの一つなんです。結構深いでしょ?

stamp_3

 

切手女子も大注目!ふるさと切手+風景印マッチングガイド

 

いかがでしたか?

令和第1回目のブログは、新しい私の趣味と旅の提案。ぜひ新しい時代の幕開けに皆さんも新しいことに挑戦してみてくださいね。

では、良い旅を〜!!

 

 この記事もオススメ

www.maikotokyoto.net