年に2回だけ!!夜の伏見稲荷に現れる本宮祭の幻想的な朱色の道

スポンサーリンク

こんにちわ、まいこです。

7月の京都といえば、祇園祭。でも実は、祇園祭以外にもお祭りやイベントがたくさん。その中で、私が行ってすごくよかった伏見稲荷の「本宮祭」ご紹介したいと思います。後祭でこの時期、京都を訪れる方はぜひ、行ってみてください!!

 年に2回。伏見の闇夜に浮かぶ赤い道

伏見稲荷は普段ライトアップ的なことはしておらず、街灯的な照明がところどころにあるだけです。ですが、大祭が行われる7月の土用入り後の日曜または祝日と、その前日だけ、提灯が参道に灯されて赤い道が現れます。(恐ろしくピンボケしていますが)

f:id:maikoto:20180812183520j:plain

写真じゃ伝わりにくいと思いますが、駅を出て参道に出ると、暗闇の中に赤い楼門とそこに続く赤い提灯が浮かび上がって、なんとも幻想的なんです。

f:id:maikoto:20180812183533j:plain

本宮祭ってなに?

本宮祭は全国の稲荷大神の崇敬者が本宮にお参りする大祭です。本宮踊りや行灯画の展示が行われています。出店も出店しています。お祭り自体の2日間の開催時間は以下です。

宵宮祭(よいみやさい)(2018年は7/21 18:00〜)

本宮祭(もとみやさい)(2018年は7/22 9:00〜)

また宵宮祭では、灯籠にも灯りがともされます。同日ともライトアップは22時頃まで。

f:id:maikoto:20180812183552j:plain

本宮祭のスケジュール

  • 16:00 尺八、お琴
  • 17:00洋楽バンド
  • 18:00和太鼓
  • 19:00和太鼓
  • 20:00盆踊り

 ライトアップが始まる頃が混む

お祭りってどこでもそうだとは思いますが、提灯に灯りがともるころがやはり混むようです。私は21時前くらいに伏見稲荷に着きましたが、その頃にはもう参道から駅に向かう人も多く、混雑ということは全然なかったです。

境内は闇と朱色の世界

楼門や本殿、そして提灯の朱色が夜の闇に浮かんで、本当に綺麗で、人が少なめだったこともあり、神聖な感じがすごくしました。

f:id:maikoto:20180812183614j:plain

行灯画もきれいでした

いろんな方の行灯画が展示されていて、自由に観ることができます。とってもきれいだなーって思ってたら、日本画家の作品だったようです。

f:id:maikoto:20180812183637j:plain

f:id:maikoto:20180812183649j:plain

千本鳥居もライトアップされます

千本鳥居も提灯がかけらて、異次元に続く道のような幻想的な感じでした。最近は伏見稲荷は本当に人気の神社で、昼間は人がいっぱいですが遅い時間だとこんなにすいてましたよ。

f:id:maikoto:20180812183709j:plain

ちなみにこの千本鳥居、つられてどんどん進みたくなっちゃいますが、頂上まで行こうと思うと結構距離があり、疲れちゃうので、ほどほどにして戻ることをお勧めします。

本宮祭こそ浴衣で行ってほしい💕

この時期、京都滞在中に浴衣レンタルを考えている方は、ぜひ本宮祭に行く際に浴衣で行ってください!!というのも、この本宮祭では、きつねのお面をしてる子が多くて、しかも浴衣の子がしてるとめちゃめちゃかわいいんです。漫画とかで、主人公の女の子が、浴衣着て頭の後ろにお面つけてたりするじゃないですか。まさに、それなんですよー。見た時、きゃーっ💕なりました。

この写真の左下の子、超ボケてますが、お面してるのわかりますか?

f:id:maikoto:20180812183724j:plain

とにかく、かわいいですから、インスタ映えネタをお探しの方ならずとも、浴衣にきつねのお面やってみてください。 

www.maikotokyoto.net

www.maikotokyoto.net

お面はお土産屋さんで買えます

きつねのお面は楼門正面参道のもう1本西側の参道のお土産やさんで買えますよ。きつねのお面と言ってもかわいらしい表情のお面で、確か表情もいくつか種類があったと思います。着いた時間が遅かったので、お土産やさん閉店ギリギリでしたが、滑り込みで私も買っちゃいました。なので、お面を買いたい方はあまり遅くない時間に訪れた方がいいです。てぬぐいは別の時に、稲荷山を降りる途中のお土産屋さんで購入したものでこちらもお気に入り。

f:id:maikoto:20180812183740j:plain

 いかがでしたか?私が今まで見た神社のライトアップの中でダントツにきれいだったので、ぜひ皆さんも行ってみてくださいね。

伏見稲荷 Data

f:id:maikoto:20180812183802j:plain

inari.jp