日本映画発祥の地・京都で今一番気になるスポット出町座

スポンサーリンク

こんにちわ、まいこです。

今日は冬至ですね。一年でもっとも夜の時間が長い日。子供の頃から映画を観るのが好きで映画雑誌を毎月買うほど。最近は心を揺さぶられるのが疲れちゃうので遠のいていたんですが、またじわじわと映画熱が高まっていて、夜に映画を観ることが増えてきました。

特にミニシアター系やドキュメンタリー、最新の映画よりはちょっと古い映画が好き。

というわけで、京都の映画にまつわるお話をしようと思います。

京都は日本映画発祥の地

 京都は日本で初めて、『映画の父』と呼ばれる映画発明家、リュミエール兄弟の作ったシネマトグラフ(映画)が上映された場所で、日本映画原点の地と呼ばれています。

また、京都は撮影所も有名ですよね。映画村でおなじみの東映のほか、かつては松竹の撮影所もあったんだとか。京都が舞台のドラマが多いのもそういったことと関係してるのかな?

それに京都国際映画祭も開催されていたりと、京都は映画の街なんです。

貴重な資料が観られる映画の博物館「おもちゃ映画ミュージアム」

四条大宮駅と二条駅の間にある私設の博物館「おもちゃ映画ミュージアム」は貴重な資料がたくさんある博物館です。

おもちゃ映画とは、家庭用の玩具映写機のことで、海外では初期は数秒のアニメを観るものでしたが、トーキー映画(映像に音声がついた現代のスタイルの映画)が普及し始めると、不要になった無声映画を玩具映写機用に切り売りしてたんだとか。

今ではオリジナルの映画フィルムが廃棄されなくなってしまったものも少なくなく、そんな中、この切り売りされたフィルムが貴重な映像資料となっているそうです。

時代劇や海外映画の他に、ディズニーのアニメなんかもあります。

予約をすれば、フィルムを持参して観ることもできるそうですよ。

おもちゃ映画ミュージアム

京都のミニシアター

京都にもいろんなミニシアターがあります。

京都シネマ

四条丸太町にある京都シネマはcocon烏丸というビルにあってアクセス抜群です。1日のうちにいろんな映画を上映していて迷ってしまうほどです。割引サービスやクーポンも充実してますよ。

f:id:maikoto:20181222132519j:plain

www.kyotocinema.jp

同じビルに入っているkara-sは京都精華大学が運営するアートショップでお気に入りのお店。その他、唐紙のお店やオリーブオイルの量り売りのお店もいいですよ。

f:id:maikoto:20181222132623j:plain
  京都みなみ会館

東寺の近くにある京都みなみ会館は1963年から2018年3月まで営業していた映画館。現在移転お休み中ですが、2019年夏に斜め向かいで再開するそうです。

kyoto-minamikaikan.jp

 今一番気になるスポット「出町座」

そして今回1番ご紹介したかったのが、出町柳の枡形商店街にある「出町座」。2017年12月28日にオープンした新しいミニシアターで私の中で一番気になるスポットです。

おいおい、紹介するのにまだ行ってないの?って感じかもしれません。いや、そうなんです。私もそう思うんですが、どうしても今紹介したい理由があるんです。まぁそれは後ほどご説明しますので、ちょっと待ってね。

この出町座は、新しい映画館ではありますが2017年7月まであった立誠シネマを運営するシネマカレッジ京都のプロジェクト。ちなみに、立誠シネマがあった元立誠小学校は例の日本で初めてシネマトグラフが上映された場所なんですよ。

話は出町座に戻って。

枡形商店街は塩豆大福で有名な出町ふたばのすぐ近くにあります。

www.maikotokyoto.net

 錦市場のように観光地化してなくて、地元の方が日常のお買い物をする。そんな商店街。私も時々この商店街にはくるので、出町座の前は何度も通っていて、ずーっと気になっていました。

f:id:maikoto:20181222132457j:plain

ネバーエンディングストーリーがスクリーンで観られる

さてさて、今回私が行ったこともないのにこちらを紹介したい理由。それは現在、ネバーエンディグストーリーが出町座で上映されてるからです。

ネバーエンディングストーリーは1984年の作品で、いじめられっ子の男の子が学校の天井裏で、ネバーエンディングストーリーという不思議な本を見つけたことから始まる冒険ストーリー。今の超CGの映画とは違うアナログ感が逆にリアルだったり不思議な魅力を放っています。映画の中に出てくるキャラクターも個性的で、白いふわふわのファルコンはずっと犬(マルチーズとか)かと思ってたけど、竜だそうです。

ネバーエンディング・ストーリー (字幕版)

映画館のスクリーンで観れること自体うらやましいんですが、なんと出町座ではネバーエンディングストーリーを観るとタンブラーの中に入れるネバーエンディングストーリーのインナーカバーがもらえるそうです。レトロなイラストがいいですよねー!! 

 上映自体人気だそうで、1/4まで期間が延長になったそうです。

demachiza.com

出町座には出町のソコというカフェやCAVA BOOKSという本屋さんもありますよ。

 

日本映画発祥の地・京都のミニシアターで映画を見たり、お気に入りの本を探したり、暮らすようにのんびり過ごす。なんて旅いかがですか?

小さめの商店街ですが、枡形商店街はとっても雰囲気のあるところなので、下鴨神社への観光の際に訪れてみるのもオススメですよ。

f:id:maikoto:20181222135812j:plain

 出町座 map