3ヶ月待ち!?憧れの一澤信三郎帆布に行ったけどまさかの事態

SPONSORED LINK

こんにちわ、まいこです。

お盆休み突入!!いかがお過ごしですか?

今週のはてなブログのテーマは思い出の家族旅行だそうです✈️

みなさんは家族旅行って行ったことありますか?私は家族全員では行ったことないです。でも私が生まれる前はよく行っていたみたい。私は小さい頃アルバムを見るのが大好きだったので、よくその頃の写真も見ていて、特に京都の写真を見ては私も京都行きたい行きたいと言っていました。私の京都好きはそこからきてるのかもw

 

話は変わりますが、皆さんは一澤信三郎帆布というお店をご存知ですか?今回はこのお店のお話です👜

京都に1店舗しかないバッグ屋さん

京都好きならお馴染みかもしれませんね。私も高校生の時にこちらのバッグのことを知ってからずっと行ってみたいなーと思っていました。TV番組でも何度も紹介される人気のお店で、京都に1店舗しかありません。船越英一郎さんや角野卓造さんもファンだそうです。

またそのビジネススタイルでカンブリア宮殿でも紹介されていました。海外からも視察にきたりするそう。

京都で職人さんが1つ1つ手作りしている

道具入れを作ったことから始まったバッグ屋さん。創業は100年以上前です。こちらのバッグは職人さんが2人1組で1つ1つ丁寧に手作りしています。丈夫に作られているため、何年も使うことができ、修理にも応じてくれるそうです。

f:id:maikoto:20180813184206j:plain

 バッグにはネームタグがつけられているんですが、3種類あります。昔ながらの職人バッグにつけられる復刻タグ、その他の無地の帆布バッグにつけられるタグ、柄ものと、麻帆布用のタグです。私はやっぱり復刻タグが渋くて好きですね。

念願のお店に行ってきました

高校生の頃から存在は知っていて、ずっと行きたいなーとは思っていてお店の前も何度も通っていたんですが、 なぜか機会に恵まれず、先日やっとお店に行ってきました。お店は木とコンクリートを使った洗練された雰囲気。ショーウィンドウにバッグやミシンなどが展示してあります。お店は1階と2階です。

f:id:maikoto:20180813184212j:plain

商品が…ない

常々旅行中に使うバッグは何がいいのかと考えている私は、ここなら旅行にぴったりの丈夫でシンプル、おしゃれなバッグがあるに違いないと買う気満々でした。

どんなバッグがあるかとワクワクしながら、お店の扉を開けたのですが・・・。あれ?バッグがあんまりない。以前見たどのTV番組でも、確かお店の中は所狭しとバッグが置いてあったり、上からぶら下がっていたりとバッグだらけのイメージでした。

ところが、お店の中はかなりすっきりしていました。大きなテーブルに定番の小さめトートはいくつもありますが、それ以外のデザインは1種類1点ずつ。それは2階も同じ状況。それらはサンプルとして置いてあり、見るのも他の人が見終わるのを待ってからという状況でした。

現状3ヶ月待ち

HPによると先にご紹介したカンブリア宮殿のオンエアー後、品薄になっているそうです。ビジネス番組と侮るなかれ、です。いろんな人が観てるんですねー。私も観てますが。お店で聞いたところ、最長で3ヶ月待ちということでした。職人さんが丁寧に作ってるから仕方ないですね。お店にはカタログが置いてあって、お店に並んでないデザインのサンプルもお願いすれば出してくれるとのことでした。

(こちらは私が訪れた7月末時点の状況です。現在は変わっている可能性がありますが9/1時点のオフィシャルサイトの情報でも品薄なようでした。気になる方は事前にお調べになってからの来店をオススメします)

www.ichizawa.co.jp

長く愛せるシンプルながらおしゃれなデザイン

いくつかサンプルを手に取ってみましたが、シンプルで飽きのこないデザイン。コンバースやセントジェームスのような、定番でシンプルなのにおしゃれ。永遠に古くさくならないって感じ。作りもしっかりしていて、でも重い!!って感じもしませんでした。私は実は帆布のものより、麻帆布の方が好みでした。使っていくうちに色が変化していくんだそうです。

結局買わなかったー

いくつかかわいいなーってのはあったんですが、すぐには手に入らないし、またすぐ京都にくる予定もあるから、衝動買いはせずじっくり悩むことにしました。なんせ長く使えるバッグですから、本当に気に入ったものを大事に使いたいですもんね。

 定番の小さいトートとショルダーはあったよ

定番の小さいトートと小さいショルダーはあったので、それが目当ての方はご安心を。それ以外は注文して発送してもらえます。

コラボアイテムなら他ですぐ手に入るかも

一澤信三郎帆布は京都のブランド、ということで京都のお店とあれこれコラボ商品を出しています。以前紹介した三三屋や、錦市場で生麩を販売している麩嘉(ふうか)さん(ここのお麩おいしいです!!)などで販売していて、逆に一澤信三郎帆布にはありません。ちなみに、三三屋ではオリジナル柄の御朱印帳入れを置いていますが、一澤信三郎帆布には御朱印帳入れ自体ないっぽかったです。

www.fuka-kyoto.com

www.maikotokyoto.net

 

一澤信三郎帆布 愛され続けるかばんの本 (バラエティ)

 

一澤信三郎帆布 Shop Data

営業時間

9:00-18:00

休み

火曜日

www.ichizawa.co.jp