車で1時間半🚗レンタカーで意外と近い『美山かやぶきの里』へ

SPONSORED LINK

こんにちわ、まいこです。

最近食べ物の話が続いちゃったので、今回は今の季節気持ちいい美山かやぶきの里をご紹介します。

 美山かやぶきの里は意外と近い

かやぶき屋根のおうちが点在する景色がまるで日本昔話のような美山かやぶきの里、いつか行ってみたいって思ってる方多いと思います。でも、京都市内から直通バスなどの公共交通機関がなく、電車やバスを乗り継がないとたどり着けないため、結構遠いイメージ。特に、バスの本数がよくわからないと戻って来れるかしら?なんて不安になりますよね。そんな美山ですが実は、車🚗だったら1時間半位で行けちゃうんです。たまには京都市内を離れて、美山ドライブに行ってみませんか?

f:id:maikoto:20181008184416j:plain

道中、道の駅に寄るのも楽しい

高雄の辺りは結構ヘアピンカーブみたいな急なカーブがありますが、そこを過ぎればあとは走りやすいルートです。途中、道の駅に寄るのもドライブの楽しみですよね。道中、ウッディー京北とふらっと美山という道の駅があります。どちらも違った魅力のある道の駅なのでぜひ両方立ち寄ってみてください。

www.maikotokyoto.net

かやぶきの里到着!!

ふらっと美山を出て、しばらく走ると左側にかやぶきの里の看板が現れます。走ってきた道沿い、かやぶきの里とは反対側に無料の駐車場とお食事やお土産が買える施設が数件並んでいます。そこに車を止めて、かやぶきの里を散策しましょう。

f:id:maikoto:20181008174832j:plain

山の手前にかやぶき屋根のおうちが並んで建っていて、さらにその手前が畑になっています。畑の一角には無人野菜販売所も。看板がレトロでいいですねー。

f:id:maikoto:20181008175020j:plain

まずは神社にお参り

集落の外れに智井八幡神社があるので、まずはそちらにお参りに行きました。ここらへん、すっかり美山の美しさに感動して写真撮ってませんwさっきの全景も帰りがけに撮りましたw集落の中を抜けて、小さな太鼓橋?を渡ると神社へと続く階段があります。木目の建物が歴史を感じさせる神社で、立派な彫刻がいくつも施されています。説明書きがあったのですが、ちょっと遠くてよく見えませんでした。後で調べてみると、京都府の指定文化財になっているそうなので美山を訪れたらぜひお参りしていってください。

kyotomiyama.jp

また、集落には鎌倉神社もあって、そこからはかやぶきの里が見降ろせるそうなのでそちらに行ってみるのもいいかもしれません。

美山で人気のパン屋さん吉之丞はお休み

神社に行く途中に美山に行く前に調べて、楽しみにしていたパン屋さん『吉之丞』があります。かわいい看板が道案内してくれていました。

f:id:maikoto:20181008183030j:plain

ですが、行ってみると残念ながらお休み。先ほどの看板によると営業は主に土日、10:30から売切れまでだそうです。美山米パン食べたかった!!😢

お店はかやぶきではありませんが、蒔が山積みにされていて、いろんな丸や四角が幾何学的でおもしろい。

f:id:maikoto:20181008183624j:plain

かやぶきの里の中はお花がいっぱい

お参りをすませて、集落を散策してみました。どのおうちも色とりどりのお花をたくさん育てていらして、本当にどこも絵になる素敵な場所です。

f:id:maikoto:20181008183843j:plain

こういう暮らし憧れますよね。自分の庭がお花でいっぱいで、それをいくつか摘んできてお部屋に飾る。みたいな。

f:id:maikoto:20181008184354j:plain

レトロな雰囲気も魅力

丸いポストがあったり、軒下に玉ねぎが干してあったりとレトロな雰囲気がまたいいですね。ほんとにタイムスリップしたみたい。

f:id:maikoto:20181008184754j:plain

f:id:maikoto:20181008184821j:plain

使われてはなさそうですが、脱穀に使う道具?もありました。

f:id:maikoto:20181008184844j:plain

ローカルパンメーカー「西湖堂パン」の看板もいい感じになっています。

f:id:maikoto:20181008191616j:plain

かやぶき屋根のおうちに入ってみよう

かやぶきの里のかやぶき屋根の建物は入母屋造りと言われるもので、かやぶきの上に乗っている小さな三角屋根が破風(はふ)と呼ばれ、建物内のいろりの煙が出るようになっています。

f:id:maikoto:20181008185113j:plain

集落の中にある美山民俗資料館は、大人¥300でかやぶき民家の母屋、納屋、蔵の見学ができる施設で館内には暮らしが偲ばれる写真や資料が展示されています。

f:id:maikoto:20181008190748j:plain

まずびっくりしたのが、かやぶき屋根って1種類だけじゃなくて、数種類の植物が詰まっていて、こんなに分厚いんです!!室内に近くなるほど、密度が細かくなっています。

f:id:maikoto:20181008190856j:plain

室内にはなんと馬だか牛だかのお部屋もあります。寒さが厳しそうだから、おうちの中で一緒に暮らしていたんですね。

建物の2階に上がってみると、かやぶき屋根の構造を見ることができます。こんな感じになってるんですねー。縄で木を固定してるんですね!!またまたびっくり。

f:id:maikoto:20181008191201j:plain

1階には生活道具などが展示されています。そこでお茶をいただくことができますよ。のんびりと庭を見ながらお茶するのいいですねー。子供の頃も経験したことないのに、和む〜。

f:id:maikoto:20181008191523j:plain

屋根の葺き替えやってました

資料館を出て、歩いているとかやぶき屋根の葺き替えやってました。なんとラッキー!!撮影もやってるみたいでした。ずっと見てたくなっちゃいますw🤓

f:id:maikoto:20181008191910j:plain

美山牛乳飲んでみた!!

集落の中には数件、喫茶店があります。私は集落の上の方にあるcafe美卵で休憩しました。かわいいワンちゃんがいるお店で、お店の前の木陰の席で美山牛乳とコーヒーを注文。牛乳おいしー🐮

 

f:id:maikoto:20181008192617j:plain

卵屋さんなのか、産みたて卵やゆで卵も売っていたのでつい、ゆで卵も購入。なぜかゆで卵って見つけたら食べちゃうんですよねーw

小さな藍美術館がすごくよかった

資料館の近くに小さな藍美術館があります。藍染のアーティストの方がやられている私設の資料館みたいで、¥300で見ることができます。

受付にコースターなど小物が販売されていて、入って右側に藍染の作業をされるスペース、左側の階段を上がると世界中の藍染作品が展示されていました。私は全然藍染について知らなかったんですが、ご主人が藍染の仕組みを教えてくださったり、質問にも答えてくださって、すごくよかったです。展示されていたご主人制作の浴衣もすごく素敵でした。また行きたいです。

滞在時間は2〜3時間かな?

集落自体は50戸くらいなので、お散歩感覚で回れる距離です。ただ平らな場所ではなく斜面にある集落なので、ちょっと疲れちゃうかも。滞在時間は2〜3時間くらい。観光施設がたくさんあるわけではないので、景色を見るだけならもっと短い時間で回ることできます。私は多分3時間くらい滞在しました。逆に、お食事もすればもっと長くかかると思います。

伺ったのは、初秋の頃でしたが、春夏秋冬すべての季節に訪れてみたいです。

美山かやぶきの里は、ライトアップなどイベントをやることもありますが、テーマパークではありません。集落はとっても静かな場所です。集落の中にお店も数軒ありますが、基本的には普通に暮らしていらっしゃる場所ですので、当たり前ですが私有地に立ち入ったり、大声で騒いだりした方がいいと思います。まして、ゴミなどのポイ捨てはもってのほかです。散策しているとポイ捨て禁止の看板やポスターを見かけました。火の不始末は絶対ダメです。

いかがでしたか?ぜひ皆さんも行ってみてくださいね。

では良い旅を〜

美山 Data

kyotomiyama.jp